tel.054-266-7666静岡市・東静岡駅近くにある美容室(ALMO)アルモ

店内

市販ヘアカラーのデメリット








こんにちは







静岡市東静岡駅南口徒歩4分







美容室*ALMO hair design* (アルモヘアーデザイン)








アシスタントのババちゃんです。







今回は市販のヘアカラーについてご説明いたします。








市販のヘアカラーは安価で好きな時に自分で手軽にできるのがいいですね。






ですが、やはり安価なだけあって、デメリットも多いです。






<薬の強さが1種類しか選べない>





市販のヘアカラーは、美容室のものと違い、薬の強さが1種類しか選べません。







しかも市販のものはかなり強めです。美容室はダメージを考えて毛先と根元で薬剤を変えてカラーリングします。






<色数が限られている>




スーパーなどで売られているものをみると案外色の種類がありませんよね。






美容室では無数の色数が作れるので、調整して好きな色に染めてもらえます。






<染め上がりにムラが出る>






また、自分でカラーリングすると後頭部など見えないので、染め色にムラがでます。






美容室は、余程いい加減な美容室でない限り、染まり具合をチェックしてムラがないように仕上げてくれます。







他には、自分で髪を洗うと、しっかり洗い流せたと思っても、






美容室で洗ってもらうよりもやはり洗い残しが多くなったり、






換気を良くしないと薬剤の刺激で呼吸困難や目の炎症など強いアレルギー反応が出る場合もあります。






中には、市販のヘアカラーの注意書きを見ると、生理中・妊娠中のご使用はお避け下さいという文字が書かれていると思います。








生理中・妊娠中はホルモンバランスが不安定で、肌が敏感になっているのでかぶれたり、かゆみや発疹が出たりと肌トラブルが出ることもあります。









市 販のヘアカラーを使用した翌日に、使用したヘアカラーとおなじ色のオリモノが出てきたという方もいます。









以前にも書きましたが、市販のシャンプーを使用し ている方が出産するとシャンプーの香りがすることがあると書きましたが、









これと同様に、ヘアカラーも子宮には影響を与えている可能性は大いにあります。








ただ、様々な理由でなかなか美容院に通えない場合もありますよね/ _ ;








どうしても髪を染めたい場合、髪にも肌にもやさしい素材を選んでなるべく美容院でカラーをしましょう( ´ ▽ ` )ノ






ALMOでは髪にやさしいカラー剤を使用しています是非ALMOでカラーを試してみて下さいね(≧∇≦)







では!(^ ^)